会社概要 採用情報 NEWS&TOPICS リンク 問い合せ プライバシーポリシー トップページ 


麻は一口には表現しにくい言葉です。
というのも、英語では日本語でいう総括的な「麻」という語はなく、Ramieー「苧麻」、Linenー「亜麻」、Hemp−「大麻」、Juteー「黄麻」などに区分されるからです。
麻は約20種類近くありますが、代表的なものだけでも相当な数になります。このうち衣料用ではラミーとリネンが代表的です。家庭用品品質表示法においても「麻という統一文字を使用できるのは、ラミーとリネンに限る」と、明示されています。
またロープ用に、マニラ麻、サイザル麻、マオラン、大麻などがあります。

 リネン畑

麻の特徴は涼しく、シャリ感のある肌触りです。吸湿性、放湿性、熱伝導性は天然繊維の中で最も優れています。肌に密着しないので、汗でべとついたり、蒸れることもありません。湿度の高い日本の夏には最適な繊維といえます。水分を吸収しやすいのと同時に、発散も速く、乾燥性に優れています。繊維はクリンプやヨジレのないストレートである為、通気性の良い、サラッとした肌触りです。熱伝導率が大きいので、体熱を外へ逃がす働きはすばらしいです。


 ラミー畑

リネンとは
亜麻科に属する一年生の草木で、草丈は80〜120cm、花は、色は紫または白が普通ですが、青やバラ色のものも見られます。
繊維の太さは、約23ミクロン、長さは20〜30mmで、10〜45個連結して、網目状の緩やかな繊維束を形成しています。加工前をフラックスと呼び、糸及び製品はリネンと呼ばれています。
ラミーとは
イラクサ科に属する年に5〜6回の収穫が可能な多年生の草本類で、 草丈は、通常1.5〜2.0mになります。
葉の白色の細毛を密生しているものを「白葉系」と称し、「うらじろ」の語源となっています。繊維は平均約60mm前後で植物繊維中最も長く、表面は平滑で縦走する条線と関節状の筋をもっています。
リネンの特徴
●繊維は細く、短い。
●風合いは、しなやかで綿に近い。
●涼感があり、ソフトでさわやか。
●水分の吸収・発汗性に優れ、チクチク肌を刺すことはない。
●洗濯機で洗ったり、ボイルしても痛まず汚れが落ちやすい
洗えば洗うほどきれいになり、着心地も良くなる。
●ラミーと比較して毛羽立ちが少なく、いつまでも表面が滑らかで感触がよい。
ラミーの特徴
●繊維は太く長い。
●天然繊維中、最もシャリ感がある。
●涼感があり、コシがある。
●水分の吸収、発汗性に優れている。
●色は白く、絹様の光沢がある。
●強さは、天然繊維中最も強い。
引用文献 日本麻紡績協会 http://www.asabo.com/


|伝統の織りから原糸や寝装の開発をおこなう|  近江の麻 滋賀麻工業株式会社 
■滋賀県愛知郡愛荘町市583 ■TEL 0749-42-2525